悦びの如し冬藻に巻かれつつ牡蠣は棘を養ひをらむ/中城ふみ子

絡め取られた運命すらも悦びと捉え、社会へ立ち向かう武器を磨く様を歌っているのだろう。

今から70年前の作品ながら、意志の強い女性像は十分に今に通用する。

まったく関係ないが、先日牡蠣を食べたばかりなのでこの作品を選んでみた。
DSC_0153