感情のおもむくままに荒れゆけば青葉わか葉のなびき悲しも/岡井隆

荒れ狂う心と、ほとんど影響のない葉のなびき方の対比が、やり場のない若さのエネルギーをよく表している。

自分を振り返っても、どうしてあれだけ世間をナナメに見ていたのかしれない。とにかくなにもかもが気に入らないのに、なにもできないもどかしさ。若さとはそういうものだ、で片付けたくない何かがあった。

あなたも、あの頃の自分へ是非この歌を。