初夏や紫陽花咲きぬ大理石なめいしの裸形の美女の像をめぐりて/堀口大学

詩人として有名な堀口大学の歌。モダンな薫りのする、歌人の作るものとは一味違う歌である。

個人的に好きな詩は「夕ぐれの時はよい時」。感情溢れる詩情がたまらない。

いまはあまり流行らない知的で高尚な物言いだが、教養はいつの時代も廃れない。恥ずかしがることなく、知的で高尚なものに憧れ続けていようではないか。