春すぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山/持統天皇

春過ぎて夏が来たらしい。香具山では、夏になると真っ白な衣を干すといいますから。

からっとした夏がイメージされる一首。時期的にはもう少し後になるだろうか。

百人一首の2番目であり、覚えている人も多いであろう歌。最初の天智天皇の歌が湿っぽいのに対し、こちらは驚くほどからっとしているのは、きっと意図的なのだろう。

全体的に湿っぽかったり、鬱っぽかったりする百人一首の中では異例の明るさ。いろいろあるから、百人一首はおもしろい。