秋の田のかりほの庵のとまをあらみわが衣手は露にぬれつつ/天智天皇

農作業の苦労を詠んだ歌。天智天皇作とされているが実際に本人が作ったのではなく、歴代天皇のひとりとして尊敬されていた天智天皇の名を借りて知られるようになったようだ。確かに、偉い人が農民の暮らしまで理解している、と考えれば農民としては嬉しいだろう。

百人一首の一番始めに登場するということで、だいたいみなこの歌くらいは覚えている。歌の内容の地味さから考えるとなんだか不思議な感じ。いかに順番が大事か、というのがよくわかる。

秋の田の、春すぎて…この二つはいつまで経っても覚えているものだが、後が続かない。たった百首、されど百首。このブログを続けていくうちに、今度こそすべて覚える日がくることを期待したい。