目の前で人と車が衝突をしそうになった 死の瀬が見えた/しゅろ

右折してきた車が、普通に横断歩道を渡っていた人を轢きそうになる瞬間を見た。

誰がどう見ても車が悪かったが、歩行者がたまたま外国人だったこともあってか、すみませんも怒りの表明もなく、そのまま終わった。

やっぱり車は怖いと思ったし、いつどこで死が姿を見せるのかわからないものだ。しかしこの日のことも、すぐに忘れてしまうのだろう。

我々は常日頃から、死と隣合わせで生きている。自覚がないのは、いちいち気にしていたら生きていけないからに過ぎない。死を感じることで、翻って生のあり方に気がつく。そういうものである。