「研修中」だったあなたが「店員」になって真剣な眼差しがいい/萩原慎一郎

どこかのスーパーか喫茶店かわからないが、馴染みの店での出来事だろう。

見習いの頃から知っていた店員が無事正規の立場になったことと、態度まで変わってきたことに気が付いた、という内容だ。

ピース又吉さんのYouTube動画で知ったが、又吉さんの解釈がとても良かった。


他者のことをここまで暖かく見ることができるものか。確かに私自身を振り返っても、自分自身を見ることと、せいぜい他者の異質な部分を見ることくらいしかしてこなかった気がする。

自分を差し置いて、あくまでも優しい眼差しを維持することの非凡さ。それがこの歌から滲み出ているのだ。

そして、その視点が自身にはないことを素直に認め、手放しに評価できる又吉さんもまた、尋常ならざる才覚の持ち主だと感じた。